ブログトップ

イランのモノたち

irannomono.exblog.jp

小さなプレゼント

3.5x4.8x1.5(cm)
3,500円(税込)
d0153110_23164349.jpg

再び小箱のご紹介です。こちらは、銀と錫の合金です。長方形の小さな小箱。表面と側面にけっして繊細とは言えないのですが、手作業の味深い模様が施されています.

中心にあるのは樹でしょうか?それとも花?どちらともはっきり言えないのですが、これらを中心に一応左右対称に施されています。なんだか樹を中心に左右にシカのようなものが向き合っているようにも見えるのですが…この曖昧な限りの、どんな見え方でも出来てしまうというのがある意味、魅力の一つでしょうか?何が描かれているか?は、お手元に置いて下さる方の想像力に一任致します!

ちなみにこちらの写真は、文様がはっきり見えるように少々コントラストなどの手を加えております。実際の色や文様の見え方は以下の写真が忠実ですので、そちらをご参考下さい。
d0153110_23185426.jpg

    ね。実際はもっと柔らかな感じを醸し出しております。
  文様もほんのりと確認できる程度のなかなか愛らしい子でございます。
d0153110_23202312.jpg

さて、こちらの四角い小箱にはどうも「秘密」は似合いません。こんなぱかっと口を開いてみせる潔さ!どうでしょう、この子にはとびきりの小箱としてのお役目を全うして頂くなんていうのは?

この中にやさしくクッションなんかを入れてとびきり大切なネックレスを入れてみるとか、もちろん、ピアス、耳飾り、ブローチなんかでも素敵です。あぁ、古い切手をしまっておくのもいいなぁ。それを大切な方へのプレゼントになんかにしてぽんっと差し上げたりなんかしたら、たまりません。

この小箱の良い所は、開けてみると指輪がぽつんと入っている…と、いう雰囲気ではない所が、また控えめで魅力的なのです。もちろん、リボンも包装紙もいりません。そのまま、大切な方へさりげなくプレゼントするのにとびきり輝くように思えるのです…。

「大切な方」というカテゴリーを強調しているのは,男性からでも女性からでも、同性同士でも、手から手へ気さくに温かく誰からも喜ばれる小箱だと感じているからです。

どうぞ、この小箱を眺めながら大切な人やモノに思いを馳せて下さい。
d0153110_2319198.jpg

ちなみに側面の文様は、こんな感じです。これまたコントラスト等強くしてありますので色見は、上から2枚目の写真をご参考下さい。
[PR]
by irannomono | 2009-02-03 23:52 | 小箱
<< ありそうでない形? さらさら更紗 >>