ブログトップ

イランのモノたち

irannomono.exblog.jp

<   2008年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

丸の空の中…


11.5 x 12 x 0.8(cm)
売約済
d0153110_2282771.jpg


こちらの鳥さんも黄緑色ですが、少々色が褪せております。

このタイル「まんまるの円です」と、言い切りたいところですが、多少ゆがみがあり「楕円形」です。でも、きっと、「丸」を作りたかったのだろうなぁと、思います。

このタイルの中にもたくさんの美しい花が描かれています。
鳥さんもどこか上の方を見上げています。

この薄いバックの水色もはてしないどこまでも続く丸い空だと信じたい…

でもちょっと、お花の根元の波打つ感じがどうしても、「あれ?水中の中?」なんて感じてしまいます。流暢な筆使いの絵付け人が腕を振るったのでしょうねぇ。
[PR]
by irannomono | 2008-06-04 02:45 | タイル

黄緑色の鳥

10 x 11 x 1(cm)
d0153110_2164648.jpg


繊細な感じのタイルばかりでなく、実はこんなにおおらかに描かれたタイルもあります。

一筆描きのような勢いがありますが、黄緑色をした鳥が、すべての花を包み込んでいるようなやさしさも感じられる一枚です。

ちょっと小ぶりの6角形のこのタイル。
裏にゴムなどを貼り付けて、熱いポット敷きにいいかも!
もちろん、なべ敷きでも良いのですが、ティータイムにこの黄緑の鳥がいたら素敵だなぁと思うので…。
[PR]
by irannomono | 2008-06-04 02:24 | タイル

白ヤギ…?

11: 17 x 10.8 x 1(cm)

d0153110_203989.jpg


お気に入りタイルの一枚。

花と白ヤギが描かれたタイル。
おそらく白ヤギでいいと思うのですが、いかがでしょう??

鮮明なブルーに白ヤギの体が、ぱぁっと映えていいなぁと感じて即購入。
ところどころ、黒く刷毛のような線で毛並み?体の動き?の躍動感を出しているところもココロニクイ…。白いヤギの体に入っている網目のような黒いラインは貫入(陶磁器の釉の面にでる細かいひび)です。

それにしても…よ~~く考えてみると「白ヤギさんとお花」の構図って、なかなかないですよ。
[PR]
by irannomono | 2008-06-04 02:10 | タイル

白い袋を持った…

2.2 x 1.5 x 0.4(cm)

d0153110_126577.jpgd0153110_1271447.jpg









貝殻に細密画で描かれたイランのアンティークペンダントトップです。

さて、どちらを「表」「裏」と、定義してよいのか迷います…。まぁ、この子を手元に置いて下さった方に全権をゆだねましょう!

一面には、紅い服を着た男性がゆったりと歩いているような絵が描かれています。
が、残念なことに白い部分は、絵が剥げてしまっています。

それでも、このペンダントトップの魅力は衰えず、まるでサンタさん?のように白い大きな袋を持って歩いているようじゃぁあ~りませんか!??

しっかりと先を見つめて歩いているこの紅い服来た男の人には、少し頼ってみてもいいかな?なんて思わされてしまいます…

もう一面には、2匹の小鳥が、さえずっています。
ぽつり、ぽつりと見える白い部分は、図柄が剥げてしまっています。

この写真は、どうも上部が影で少し見えづらくなってしまっておりますが、全体的な形は、ふっくらとした「涙型」です。
[PR]
by irannomono | 2008-06-04 01:37 | ペンダントトップ