ブログトップ

イランのモノたち

irannomono.exblog.jp

<   2008年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

切れ長の目


2.3 x 2.1 x 0.1
売約済

d0153110_124941.jpg


こちらも鹿のペンダントトップと同じ種類のものと思われます。
材質は、銅か、もしくは真鍮。
左下が反射してしまっていますが、鹿と比べるとこちらの方が多少光沢があります。

それにしても、このきりりとした鳥の目は、なんと力強いことでしょう。
美しすぎる大輪の花に対抗意識を燃やして睨めつけているのでしょうか?

あぁ、なんともないようでいてとてもパワーのあるこの二つのペンダントトップが、私は本当に好きです。

ピアスの穴を開けたばかりだからでしょうか? 
この二つを加工してイヤリングにしてしまいましょう。
そして、耳元でペルシャの物語をこの鹿と鳥に、ささやいてもらましょう…

なんて空想してしまいました…

*「この二つ」と、いうのは、「鹿と鳥のふたつのペンダントトップ」と、いう意味です。
けっして、この鳥が2点あるわけではございません。分かりづらい表記をしてしまい申し訳ございませんでした。
[PR]
by irannomono | 2008-04-27 12:00 | ペンダントトップ

駆け抜ける

鹿
2.3 x 2.1 x 0.1
売約済

d0153110_10425028.jpg


材質は、銅、もしかしたら銅と亜鉛の合金の真鍮かもしれませんね。
ぬくもりのある円形のペンダントトップで、中心にむかって少しカーブがあります。
ぺったんこではありません。

シンプルな型抜きで、決して繊細なものではありませんが、力強く躍動感があります。
太い二本の角を持つ、おそらく鹿だと思いますが、振り向き様に見ている??風になびいているような不思議な形をした木が好きです。

このペンダントトップの種類は、差し上げたい人を思い浮かべながら…と、いうか、あの人なら似合うだろうなぁ…なんて思い浮かべながら薄暗〜いアンティークショップで見つけ出しました。たしか、その方には乾燥イチジクのお土産を差し上げたような…。

そして、ずっと小さな薄紙につつまれたまま、ポケットに忘れたまま入りつづけているあめ玉のように、ずっと私達の手元にありました。

そろそろポッケトから取り出して、太陽の下へ連れ出してくれる方のもとへお届けしたいと思います。そう、イランにいる時から薄暗い中にいたものねぇ。

さぁ、どなたかしゃらりと首にかけてお出かけしてくれませんか??
[PR]
by irannomono | 2008-04-27 11:36 | ペンダントトップ

青い鳥 2

タイルサイズ
10: 14.5 x 8.5 x 0.9
売約済
d0153110_4251132.jpg


「青い鳥」シリーズの二つ目です。私達が持っているのは、この2点のみです。
(だいたい、同タイプのものを2枚ずつ状態の良いものだけを選んで購入してきました。数がないものは、1点のみです。)

こちらの「青い鳥」は、「青い鳥1」と比べてみると、一回り小さいように感じます。
そして、この目つきも…ちょっと、ほくそ笑んでいるような???
何を考えているのでしょうか?

そういえば、このシリーズの鳥たちは、花木の枝にとまっているのですよね??
そうすると、大きな花は、やはりバラでしょうか??軽い鳥だからといって、流石に葉の上にとまっている訳じゃぁないですものね。

水色の花がちょうど冠のような、傘のような…
いろいろ想像してしまいます。

:こちらの写真も凹凸部分の凸面が光に反射して白くなっておりますが、実物は「白抜き」の部分はございません。
[PR]
by irannomono | 2008-04-09 04:43 | タイル

青い鳥 1

タイルサイズ
14.5 x 8.7 x 0.9
売約済

d0153110_414484.jpg


こちらも窓型タイルのシリーズです。

バックがクリーム色のため、「青い鳥」になっています。
お花の勢いのあるタイルで、よくみると…「青い鳥」がいる!と、いったような構図でしょうか…?


同タイプの「青い鳥2」もございますので、どうぞお好みのほうで!

*写真が、ボケた状態でのUPとなっており、お見苦しく申し訳ございません。
クリアな写真をご希望な方は、どうぞお申し出下さい。
[PR]
by irannomono | 2008-04-09 04:20 | タイル

花ーウルトラマリン

タイルサイズ
14.5 x 9 x 0.9
売約済


d0153110_1548818.jpg


こちらの花シリーズは、バックがウルトラマリンになっています。
そのため、きりりと引き締まったインパクトのある一枚となっています。
窓の外から庭を眺めているような…、もしくは、水中の中?なんて想像させられます。

中心にある花も、少しピエロの帽子?を連想させるような風貌です。
それぞれの花々が、こしょり、こしょりと、お話をしているような所も素敵な一枚です。
[PR]
by irannomono | 2008-04-07 15:50 | タイル

花ークリーム

タイルサイズ
14.5 x 9 x 0.9

d0153110_15272776.jpg


こちらは、お花のみのシンプルなシリーズです。

お花畑でもなく、咲き乱れている感じもしませんが、華やかさがあります。
何処かで見た事があるような…でも、決してこんな花は、見た事がないなぁ…と、思わずつぶやきたくなります。

問い昔、ペルシャの庭に、こんな花々が咲いていたのでしょうか?
シンプルで素朴な温かみもありながら、どこか気品漂う華やかさもある一品です。

* 白く光っている所がありますが、タイルの表面の凹凸の出っ張っている部分が光で反射したものですので、ご了承下さい。
[PR]
by irannomono | 2008-04-07 15:36 | タイル

白い鳥 2

タイルサイズ
14.5 x 9 x 1㎝
売約済

d0153110_618557.jpg


こちらも、以前ご紹介した「白い鳥」シリーズと、同型のものです。

後ろの大きな花の色の紫と紅が入れ替わっています。
2枚あるからこそわかる秘密です。

そして、花の数は変わりませんが…違いますね。
間違い探しをしている訳では、ありませんが、ついつい見比べてしまいます。

なによりもこのタイルの魅力は、「白い鳥」でしょう。どちらも、かわいらしい目をもち、ちょっとした仕草が違います。その描かれた鳥のほんの少しの仕草の違いで小さなタイルの中の物語の行方がそれぞれ広がってゆく楽しさがあります。
[PR]
by irannomono | 2008-04-07 15:24 | タイル

緑の鳥と紅い鳥

タイルサイズ 
9.5 x 9.5 x 1㎝

売済
d0153110_14504247.jpg


さて、お待たせしました!
以前ご紹介した「青い鳥と紅い鳥」と同じシリーズのタイルです。

バックに描かれている花も、よーく観て頂くと左側の花が…。間違い探しのようですね。笑。

おそらく、ひとつひとつ手描きで、何人かの職人さんで描いていたのでしょう。
それぞれ、同じタイルを目の前にして描いていたのだろうなぁ。でも、ちょっとづつ違うのです。変わってしまうのです。そこが、愛らしい。

色が、まるっきり変わってしまったり、花の数が違ったり、鳥のお目目の感じが変わったり…。ナルホド、「見本」は、同じでも描く人が変われば変わっても良い!!

と、遠い昔に描かれたタイルをみて微笑んで下さるかしら?
お手元に届いた方だけのタイルです。
[PR]
by irannomono | 2008-04-07 15:02 | タイル